咲くためには

庭のこの片隅に、大輪の花を咲かせるあの芍薬(シャクヤク)が動き出している姿が
見えます。わかりますか??

DSCF2524.jpg





わずか5cmほどの大きさですがここに、ちゃんと顔を出しています。

DSCF2491.jpg

今からたくさんの寒さに当たり、少しずつ少しずつ成長していきます。
成長にはあえて寒さが必要な植物です(星君タイプ?)。



冬を乗り超えると4月にはまるまるとした蕾をつけて↓

DSCF1321.jpg



5月にはいっきに大輪の花を咲かせます↓

DSCF1380.jpg


「今やっている事の結果は3ヶ月後に出る」 byクルム伊達公子
の、言葉のように・・・咲くためには自ら芽吹くという作業を教えられます。

この一輪の芍薬の花の画像を心に留めて、これから始まる冬を過ごしたいものです。




 庭の様子

0 Comments

Leave a comment