雨の日に思うこと。

ひたすら雨です。

降り続いています福岡。






どうか災害は無いようにと祈りつつ、

梅雨時期に雨がしっかり降るといつもほっとします。

私が子供の頃にあった「福岡市大渇水」の経験が忘れられないからです。




昭和53年~54年にかけてほとんど雨が降らず・・・

こういう事が起こりました↓




◇福岡の6ダム全体の合計貯水率が最低6.8%にまで干上がる。

◇時間指定の断水が合計287日間に及んだ。

◇ひどい時は16時~21時の1日5時間だけの給水制限が続いた。

◇皿洗いをしないように紙コップ&紙皿の生活。

◇水を使う飲食店では廃業を余儀なくされる店もでた(らしい)。




細かい数字や日にちは改めて検索して知りましたが、

子供ながらにとにかく辛くてイヤな日々だった事を覚えています。

水が出ない生活・・・。

小さい頃のあの経験は「水の大切さ」をしっかりと身に沁み込ませてくれました。








DSCF6346.jpg



人間の勝手ではありますが、優しい恵みの雨をいつも願います。




 日々のひとこま

0 Comments

Leave a comment